So-net無料ブログ作成
検索選択

海の恵・タコを茹でる [辺野古ノコノコ]

IMG_1456.jpg
 重さは2.6kg。もっと小さいかなと思ったら、意外に重量があった。まあ、一人で食べるなら充分です。

 でも大きいに越したことは無いから、大きな鍋も必要だ。

IMG_1459.jpg
 ヌメリを取るために塩で揉みます。ネットで調べると20分ぐらい続けるようだったけど、割とヌメリが取れたようだったのでたぶん、15分ぐらいで止めちゃった。

 これやると、結構手が痛い(塩が染みる)んだよね。

IMG_1463.jpg
 次はダイコンを擦ります。こんな事があるかも知れないので、ダイコンは常に置いておくようにしている。

 でも久しぶりだったので、よく確認せずに近所の「渡具知ストア」でダイコンを購入。1本250円だった。

 後から冷蔵庫を見ると、古いダイコンを発見! ん〜、やっぱりちゃんと確認しないとね(こいつは古くて食べられないので、次回のタコ茹での時に)。

IMG_1464.jpg
 大根おろしで揉むと、タコが柔らかくなる、らしい(同じタコを大根おろしで揉む、揉まないで実験した事は無いので実感は無いんだけど…)。

 大根に含まれている酵素・ジアスターゼが、蛸の筋繊維を分解して柔らかくなるのだそうです。これも20分ぐらいモミモミ。

IMG_1465.jpg
 風味を出し色彩を鮮やかにするためには、番茶で茹でると良いという。残念ながら番茶は無かったので緑茶で挑戦。

 番茶も用意しておかなきゃだ。

 もちろん茹湯には塩も入れます。番茶と同量ぐらい塩を入れると書いてあるページもあったけど、確か前回茹でた時には入れ過ぎて塩っぱくなったので、大きいスプーン一杯で挑戦。

 足から少しずつお湯に浸けていくと足が…。

 あまり茹で過ぎないように、少し生っぽいぐらいを狙ってみます。

IMG_1467.jpg
 綺麗な形になりました。

 茹で上がったらすぐに氷水に浸けます。色の鮮やかさは少し足りないかな。でももしかしたら、これが自然なのか?

IMG_1468.jpg
 う〜ん、素晴らしい造形美だ。

IMG_1475.jpg
 早速切って味見。

 うん、生っぽい感じで、自分好みに茹で上がりました。これで正月の楽しみが出来た。一杯やりながら食べると美味いんだよね。

 塩気もバッチリ![手(チョキ)]

 海の神様、来年もよろしくお願いしま〜す。

--------------------

★毎日新聞社のデジタル日刊紙【TAP-i(タップ・アイ)】。その毎土曜日に「海に生きる」という連載を担当させて頂きましたが、5月9日号をもって最終回となりました。ご声援をありがとうございました。
バックナンバーは下記アドレスでご覧ください!
http://www.gokurakucho.net/books/magazine/tap-i/back_no.html

写真データまで公開している【ほぼ隔日写真館】で撮影テクニックのレベルアップを!
http://www.gokurakucho.net/gallery/diary/current.html

美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。