So-net無料ブログ作成
検索選択

ようやく船台の修理が終了。そして…、の巻 [フジ丸]

P6300085.jpg
 ようやく船台の修理が終わりました。結局、6月9日に工場にもちこんで、納品されたのが27日。18日間かかりました(でも、費用は格安でした)。

 後ろは重量用のキャスターだったのを、自動車のタイヤに変更。前のキャスターが回らないやつだったので、「重荷重用ゴム車輪付自在車」に変更。知らなかったけどこれがすごく高価。1ヶ、ネットで見つけた安売りでも¥14,238(税別)でした(後から知ったのですが、沖縄本島ではうるま市の「丸中商会」が安かったです。¥13,000と何百円かでした)。

 ちなみに、本来なら軸の周りにあるベアリングを無くしたり?、グリスが常時供給されるような改造を(鉄工所に依頼)のですが、今回は時間がなかったのでそのままで使用。どれぐらい保ちが違うかな?

P6300086.jpg
船を上げてみると、案の定船底にはノリ(海草?、海藻?)がピッシリ(ビッシリという程ではない、から)。

 これで約20日間。放っておくとこんなになるんですね〜。このまま走ると抵抗が大きく、スピードは出ないし、燃費は悪くなるしで良い事はありません。

 なので先ずはこのノリを取ることに…。

P6300091.jpg
 その際に使用するのがハイター。沖縄では外国製の安価なモノも売っているのですが、聞くところによると、やはり国産のコイツが良いようです。

 適度に希釈したハイターを噴霧器に入れ、着いているノリに吹きかけていきます。

 ちなみに威力が弱くて良くないとされたこの噴霧器だけど、吹きかける威力が強いモノはハイターの消耗が早いので、エコを考えると、かえってこの方が良いかも知れません。ただし、風がある時などはやはり威力が強いモノの方が良いのかな?

P6300090.jpg
 ハイターを満遍なくかけたら、次はエンジン式洗浄動噴を使って勢いのある水、水量で飛ばしていきます。

 残念ながら、ホースから出てくる水の勢い(通常の水道の水圧)ではなかなかノリは落ちず、もしもホースから出てくる水圧で落とそうとすると、かなりハイターの濃度を濃くしておかなければなりません(と言うか、原液でも無理かも知れませんね?)から、エコを考えれば、やはり文明の利器を使った方が良いのでしょうか?

 あ、もちろんそれには、エンジンを回す燃料が必要だったりしますが…。

P6300089.jpg
 結果、こんなに見違えるほどに綺麗になりました。

 で、次は船底塗料を塗らなければなりません。他に用事もあるので、今週末になっちゃうかな?

--------------------

写真データまで公開している【ほぼ隔日写真館】で撮影テクニックのレベルアップを!
http://www.gokurakucho.net/gallery/diary/current.html
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。