So-net無料ブログ作成
検索選択
世界の国から、コニャニャチワ? ブログトップ
前の10件 | -

【ジンベエザメスイム】幸せな時間。 [世界の国から、コニャニャチワ?]

B4516_066-D.jpg
 ジンベエザメにだって、いや、魚にだって性格がある。

 正直、人を嫌がって避ける素振りを見せるヤツもいるけど、まったく気にしない者も多い。すると当然、そのままだとブツかってしまう可能性もあるので、自分が逃げることになる。

 会いたくても遭いたくても遭遇できない場合が多い生物が、向こうから来てくれる幸せ。こんな場所や信じられない状況って、ときどきあるんだよね。

撮影協力】 Angel Marine Cebu

----------
docomoFOMA向けアプリに写真を提供。「Fisheye」という作品になりました。FOMAをお使いの方、是非、ご購入くださ~い。

一昨年、「水中を撮る!」を出版しました!よろしくお願いいたします。水中写真初心者から中級者にお勧めします。

美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【ジンベエザメスイム】あれだけ見られれば、余裕、余裕! [世界の国から、コニャニャチワ?]

_MG_6600.jpg
 普通ジンベイザメって、「よく見られるポイント」っていっても遭遇確率は10パーセント、20パーセント、あるいは30パーセントという感じだろう。でもここは、「今のところ?100パーセント」なんだよね。

 これって見るのにも撮影するのにも大きな余裕が生まれる。普通なら、出来るならジンベイザメの正面から横ぐらいまでで撮りたいと思い、後ろ側に回ってしまったら「後ろからも撮っておこう!」といった感じで撮る場合が多い。

 しかしここでは飽きるほどのシャッターチャンスがあるので、「(良いチャンスに)後ろ姿を撮っておこう!」という心境になる。

 結果、こんな写真が撮れた。ジンベイザメとダイバーの配置には満足している。

【撮影協力】 Angel Marine Cebu

----------
docomoFOMA向けアプリに写真を提供。「Fisheye」という作品になりました。FOMAをお使いの方、是非、ご購入くださ~い。

一昨年、「水中を撮る!」を出版しました!よろしくお願いいたします。水中写真初心者から中級者にお勧めします。

美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【ジンベエザメスイム】単独の後は複数匹? [世界の国から、コニャニャチワ?]

_MG_6607.jpg
 セブの噂のジンベエスイム。確かに凄いところです。何故って、飽きが来ちゃうんだから。

 「え!?」って思われるだろうけど、それほど簡単に会えるって事なんですよ。そうなると人って、やはり若干の物足りなさを覚える。そして、「もう良いかな」って気にさえなる。好奇心が薄れる。

 もしもここで終わっていたら、きっと私はカメラマンではなくなる。だって、よ〜く見ていると違う状況は見られるし、個体によって性格の違いがみて取れるようになるから。

 という事で改めて見直して、「複数匹のシーンを撮ろう」と思って狙ってみたら、すぐにこの絵をゲットすることが出来た。

撮影協力】 Angel Marine Cebu

----------

docomoFOMA向けアプリに写真を提供。「Fisheye」という作品になりました。FOMAをお使いの方、是非、ご購入くださ〜い。

一昨年、「水中を撮る!」を出版しました!よろしくお願いいたします。水中写真初心者から中級者にお勧めします。

美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【ジンベエザメスイム】泡、あわ、アワ、大好き? [世界の国から、コニャニャチワ?]

_MG_6509.jpg
 翌日の早くは、潮時と波と風の影響で、前日よりコンディションが良くなった。さらに朝一番は参加する人が少なく、昨日から比べると格段の差だった。

 ジンベエザメも4匹いて昨日の倍、さらに朝のせいか心なしか食欲旺盛にも見えたし、そのうえ、一匹は8〜10メートルあるかなというちょっと大きめの個体だった。

 その個体は、何故かダイバーに囲まれていた。そしてよく観察していると、どう見てもダイバーが吐く泡で遊んでいるようにしか見えなかった。

 その真偽はさておき、なかなかのカットが撮れたことで

    満足、満足!

【撮影協力】 Angel Marine Cebu

----------
docomoFOMA向けアプリに写真を提供。「Fisheye」という作品になりました。FOMAをお使いの方、是非、ご購入くださ~い。

一昨年、「水中を撮る!」を出版しました!よろしくお願いいたします。水中写真初心者から中級者にお勧めします。

美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。

お遊しびーの、「沖縄のHP」内のダイビングのページ「潜るあしび」にも、沖縄の水中の写真を少しずつアップしています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【ジンベエザメスイム】餌付けはどうやって? [世界の国から、コニャニャチワ?]

_MG_6296.jpg
 セブの噂のジンベエスイムに来ています。

 餌付けはどのように行われているか興味津々でしたが、その方法はいたってシンプル。「来たら餌はあげるけど、いたくなかったら自由に何処かにいきなさい!」って事でした。

 つまり、「ジンベエザメを網などで逃げないように管理していない」「それだけで腹一杯になるほどあげてはいない(地元の方のお話)」というやり方です。

 いずれにしても、食べ方は美ら海水族館のジンベエと同じ(と言うか、「美ら海水族館のジンベエが自然界と同じ」ですね)。


【撮影協力】 Angel Marine Cebu

----------

docomoFOMA向けアプリに写真を提供。「Fisheye」という作品になりました。FOMAをお使いの方、是非、ご購入くださ〜い。

一昨年、「水中を撮る!」を出版しました!よろしくお願いいたします。水中写真初心者から中級者にお勧めします。

美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【アミーゴの国】カジキ狙い二日目、まずまず。その弐 [世界の国から、コニャニャチワ?]

_MG_3760.jpg
 釣られたマカジキではあるけど、そこはそれ、やはり普通の魚を撮るようにはいかない。パワーがあり泳ぎが早く、時に急上昇や急降下をするし、もしかしたらバレて逃げ出してしまうからである。

 今回初めてのマカジキは、透明度がそれなりに良いところで撮影できたのもラッキーだった。今の時期ならそれほど透明度が悪いことはマズないが、それでも、真っ青に抜けているところと、プランクトンが多くやや透明度が落ちるところがあったりする。実際、クラゲ?に刺されたところがいくつかあった。

 一通り撮影が終わり、次のシーンを狙うことにしたが、この日は残念ながらこれ以上のことは無かった。早朝からの活動、日焼け、波の上での待機などで睡魔が襲ってくる。気がつくとキャプテンとアングラー(釣り人)以外は同じ様子で、こんな面白い写真が撮れた(これも私ではなく、友人となったた漁師のトドちゃんとマカジキです)。

 やや残念なのは、マカジキがかなり小さく見えてしまうこと。実はトドちゃん、レスラーのようにかなりデカイ!


----------

昨年、「水中を撮る!」を出版しました!よろしくお願いいたします。こんな写真が撮りたいかたにはお勧めします。

美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。

お遊しびーの、「沖縄のHP」内のダイビングのページ「潜るあしび」にも、沖縄の水中の写真を少しずつアップしています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【アミーゴの国】カジキ狙い二日目、まずまず。その壱 [世界の国から、コニャニャチワ?]

マカジキと撮影同行のKさん。初の対面に心臓が破裂寸前?

B4481_001-D.jpg
 初日に不発で終わったものの、何となく焦りがないのはメキシコの気候と、ラテンのノリの空気感だったかも知れないね。乾いた空気、少し気が遠くなりそうな暑さ、それにより底抜けに明るいメキシコの人たちは、人をあまり慌てさせないのかも。マジで、「中日(3日目)までには、曲がりなりにも水中撮影をしたいなぁ」なって思っていた。

 なので午前中はひたすら青い海を見て、波とクルーザーエンジンの音を聞いていた。

 「ジーーーーーー!!!」「ブルン、グワーン」。そろそろお昼だなぁと思っていたら、突然、ルアーのラインが走り、それに合わせて船が走り始めた。そう、カジキが仕掛けていた竿に掛かったのである。

 種類はマカジキ。すぐさま潜る準備をし、真っ青な海にエントリー。すると水深15メートルほどのところには、シャープなあのカジキが勢い良く泳いでいた。


----------

昨年、「水中を撮る!」を出版しました!よろしくお願いいたします。こんな写真が撮りたいかたにはお勧めします。

美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。

お遊しびーの、「沖縄のHP」内のダイビングのページ「潜るあしび」にも、沖縄の水中の写真を少しずつアップしています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【アミーゴの国】カジキ狙い初日、不発。 [世界の国から、コニャニャチワ?]

_MG_3557.jpg
 クルーザーでぶっ飛ばし、目的地までは1時間余り。荒涼とした大地とサボテンの風景は、真っ青な海と不思議なほどよく似合い、それだけでも飽きることはない。

 さらにこの日は途中でザトウクジラ、シロナガスクジラ?、ハセイルカ?などにも出会ったので、その時間もさらに短く感じられたほど。さらに、しばらくすると船は急に減速。そう目的のカジキにも出会ったのである。

 結局、この日は2〜4匹の群れで水面を泳いでいるのに数回出会う。一度、大きな背びれが船に近づいてくるのに合わせ入水するが、その影すら見えずに失敗。これではダメだと作戦を変更するが、この日は水中で遭遇することも、釣り上げることも出来なかった。

 写真はカジキの姿を探すペスカードーレ・ホワン(私ではありません!)


----------

昨年、「水中を撮る!」を出版しました!よろしくお願いいたします。こんな写真が撮りたいかたにはお勧めします。

美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。

お遊しびーの、「沖縄のHP」内のダイビングのページ「潜るあしび」にも、沖縄の水中の写真を少しずつアップしています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【アミーゴの国】カジキを狙いにきました! [世界の国から、コニャニャチワ?]

IMG_0794.jpg
 成田を出て16時間。ようやく今回の目的地(メキシコ)に着きました。入国の際には私に同行してくれたKさんが、「カメラを持っている台数が多い。外国人の入国の際には、カメラは2台まで」ということで¥10,000ほどの税金を払わされましたが、それ以外はまあまあ、無事に到着と言った感じです(初めて知りましたが、そんな法律がメキシコにはあるんですね。確かに、インドネシアにも同様の法律があり、同様の体験をしたことがあります)。

 カジキの撮影までは3日間の余裕を取りましたが、結果的にはそれが良かったかも知れません。何故って、理由は簡単。私の時差ボケが酷く、ぐっすりと睡眠を取ることが出来ないからです。もちろんこれが依頼された仕事であれば、そんな余裕など与えられずにすぐに水中撮影に向かったり、普段から続けて7時間も8時間も寝ている訳ではないので、こういう状況には誰よりも慣れてはいるのですが…。

 いずれにしても、昨日、今日、明日はゆっくりと調整して、19日からのカジキの撮影に備えることにしま~す。

 あ、写真は滞在ホテルから見えるマリーナの風景です。


----------

まだまだダイビングシーズン真っ最中。水中写真を撮る方には、「水中を撮る!」が効果的です。

美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。

お遊しびーの、「沖縄のHP」内のダイビングのページ「潜るあしび」にも、沖縄の水中の写真を少しずつアップしています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【モルディブ】やっぱダイビングのメッカ!? [世界の国から、コニャニャチワ?]

IMG_0391.jpg
 モルディブから帰国しました。そう、現地は今は雨期です。

 それでも「この時期」なのですが、残念ながら目的の映像は撮れませんでした。で、来年からはそこはタンクでは潜れなくなるということなので、あとはスノーケリングで頑張るしかなくなりました。

 まあ、これを機に、素潜りに磨きをかければ良いか!?御蔵島も通っているし、だいいち、今は練習する海も目の前なんだから。

 ところで写真は、空港の島から水上バスで向かいながら、首都のマーレ全景を撮影したものです。あ、肝心の水中写真も、続けてアップロードしないとね。


----------

まだまだダイビングシーズン真っ最中。水中写真を撮る方には、「水中を撮る!」が効果的です。

美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。

お遊しびーの、「沖縄のHP」内のダイビングのページ「潜るあしび」にも、沖縄の水中の写真を少しずつアップしています。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 世界の国から、コニャニャチワ? ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。