So-net無料ブログ作成
検索選択
辺野古ノコノコ ブログトップ
前の10件 | -

海の恵・タコを茹でる [辺野古ノコノコ]

IMG_1456.jpg
 重さは2.6kg。もっと小さいかなと思ったら、意外に重量があった。まあ、一人で食べるなら充分です。

 でも大きいに越したことは無いから、大きな鍋も必要だ。

IMG_1459.jpg
 ヌメリを取るために塩で揉みます。ネットで調べると20分ぐらい続けるようだったけど、割とヌメリが取れたようだったのでたぶん、15分ぐらいで止めちゃった。

 これやると、結構手が痛い(塩が染みる)んだよね。

IMG_1463.jpg
 次はダイコンを擦ります。こんな事があるかも知れないので、ダイコンは常に置いておくようにしている。

 でも久しぶりだったので、よく確認せずに近所の「渡具知ストア」でダイコンを購入。1本250円だった。

 後から冷蔵庫を見ると、古いダイコンを発見! ん〜、やっぱりちゃんと確認しないとね(こいつは古くて食べられないので、次回のタコ茹での時に)。

IMG_1464.jpg
 大根おろしで揉むと、タコが柔らかくなる、らしい(同じタコを大根おろしで揉む、揉まないで実験した事は無いので実感は無いんだけど…)。

 大根に含まれている酵素・ジアスターゼが、蛸の筋繊維を分解して柔らかくなるのだそうです。これも20分ぐらいモミモミ。

IMG_1465.jpg
 風味を出し色彩を鮮やかにするためには、番茶で茹でると良いという。残念ながら番茶は無かったので緑茶で挑戦。

 番茶も用意しておかなきゃだ。

 もちろん茹湯には塩も入れます。番茶と同量ぐらい塩を入れると書いてあるページもあったけど、確か前回茹でた時には入れ過ぎて塩っぱくなったので、大きいスプーン一杯で挑戦。

 足から少しずつお湯に浸けていくと足が…。

 あまり茹で過ぎないように、少し生っぽいぐらいを狙ってみます。

IMG_1467.jpg
 綺麗な形になりました。

 茹で上がったらすぐに氷水に浸けます。色の鮮やかさは少し足りないかな。でももしかしたら、これが自然なのか?

IMG_1468.jpg
 う〜ん、素晴らしい造形美だ。

IMG_1475.jpg
 早速切って味見。

 うん、生っぽい感じで、自分好みに茹で上がりました。これで正月の楽しみが出来た。一杯やりながら食べると美味いんだよね。

 塩気もバッチリ![手(チョキ)]

 海の神様、来年もよろしくお願いしま〜す。

--------------------

★毎日新聞社のデジタル日刊紙【TAP-i(タップ・アイ)】。その毎土曜日に「海に生きる」という連載を担当させて頂きましたが、5月9日号をもって最終回となりました。ご声援をありがとうございました。
バックナンバーは下記アドレスでご覧ください!
http://www.gokurakucho.net/books/magazine/tap-i/back_no.html

写真データまで公開している【ほぼ隔日写真館】で撮影テクニックのレベルアップを!
http://www.gokurakucho.net/gallery/diary/current.html

美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

辺野古・埋め立て承認されそう、ですね。 [辺野古ノコノコ]

B4734_016-D.jpg
 明日にも辺野古の埋め立て承認がされそうですね。

 昨日は12月25日、そう、この日はクリスマス沖縄地方はここのところあまり天候が良くなく、海を歩くのは二日前に続いて久しぶりの事だった。

 海人と歩いた23日には少し早いクリスマスプレゼントで、セミエビとオニダルマオコゼを頂いた。「明日クリスマスでしょ、自分で見つけたのは持って帰ったらイイさー」って。

 昨日は、もしかしたら今年最後の海歩きになるかなと思いながらカヤックを出すと、10分ぐらいのところで、待ち望んでいたトウアカクマノミを発見! こいつは最高のクリスマスプレゼントだ。観察し易い場所にいないかなとずっと思ってきたんだけど、なかなか良い状況に出会わなかったのだ(実は、昨年9月まで観察していた6ファミリーは、熱帯魚として採集されたらしい)。

 あの場所なら日没後や日の出前の観察もやり易い。また採集されませんように(あ、埋め立てが始まったらそれどこじゃないか…)。

--------------------

★毎日新聞社のデジタル日刊紙【TAP-i(タップ・アイ)】。その毎土曜日に「海に生きる」という連載を担当させて頂きましたが、5月9日号をもって最終回となりました。ご声援をありがとうございました。
バックナンバーは下記アドレスでご覧ください!
http://www.gokurakucho.net/books/magazine/tap-i/back_no.html

写真データまで公開している【ほぼ隔日写真館】で撮影テクニックのレベルアップを!
http://www.gokurakucho.net/gallery/diary/current.html
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「夏の思ひ出。2013」その弐 [辺野古ノコノコ]

0147031307_0271-D.jpg
 週末は台風23号。それを追って24号が沖縄に向かってきそうですね。すでに海には出られず暇を持て余しブログをアップ!

----------

 通常の海に潜っての撮影はもちろんだけど、今年の沖縄本島地方の夏は安定した快晴が続いていたので、海人の手伝いにもよく出かけたなぁ。その中で個人的に好きなのは「電灯漁(潜り漁)」だね。

 その際はもちろん素潜り。ある日、リーフ際の水面から下を覗くと、大きな岩の前に、夜の体色をした「アカジン」が。そう、それは標準和名スジアラ、沖縄の高級魚だ。水深はそれほど深くなかったので、知り合いに合図を送るとGOのサイン。まあ、ダメもとという事で潜っていくと、意外にもすんなり射程距離に。

 3kgの獲物をゲットした私は、あらためて海人の仕事の魅力を感じざるとともに、もっと素潜りに磨きをかけたいと思った。

 続く!

--------------------

★毎日新聞社のデジタル日刊紙【TAP-i(タップ・アイ)】。その毎土曜日に「海に生きる」という連載を担当させて頂きましたが、5月9日号をもって最終回となりました。ご声援をありがとうございました。
バックナンバーは下記アドレスでご覧ください!
http://www.gokurakucho.net/books/magazine/tap-i/back_no.html

美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「夏の思ひ出。2013」その壱 [辺野古ノコノコ]

0147031307_0191-D.jpg
 何だ彼んだ言っても、夏ももう終わりって感じですね〜。今年の夏は「沖縄で恐ろしく安定した夏が続いたこと」と、逆に「わざわざ内地に出かけて行き台風で翻弄された」という極端な感じだったなぁ。

 で、海に行くには随分とシーカヤックに乗って出たんだよね。素潜り、釣り、海人の手伝いなど、出来る限り己の力で海を歩いていた。

0147031307_0228-D.jpg
 で、それは昼のみならず、時間帯に制限無く活動していた。

 お陰で以前よりも天候や風、波やウネリ、そして海中の地形といった事により気を配るようになり以前よりさらに敏感になったかも。

写真-2.jpg
 気がついたらシェイプアップされていて、計ったら体重が6kgほど落ちていた。お陰でズボンがガバガバ。

 あ、お見苦しい写真をお見せして申し訳ありません。ジャン、ジャン。

--------------------

★毎日新聞社のデジタル日刊紙【TAP-i(タップ・アイ)】。その毎土曜日に「海に生きる」という連載を担当させて頂きましたが、5月9日号をもって最終回となりました。ご声援をありがとうございました。
バックナンバーは下記アドレスでご覧ください!
http://www.gokurakucho.net/books/magazine/tap-i/back_no.html

美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旧暦6月1日、スク漁・その参(早くも最終回) [辺野古ノコノコ]

B4675_006-D.jpg
 二人で絞った網は、直ぐに一人だけで持ち舟へと走ることになる。水の抵抗と不安定な海の中では、なかなか重労働だろうが、ちょっと驚きの速さで走って行く。

 ちなみに彼の名前は「ティラジャーマン」。普段はティラジャ(マガキガイ)などを獲っているが、その貝を拾うスピードも恐ろしく速い。

B4675_014-D.jpg
 舟まで着くと、最後はラダーで上がる。

 ここまでは良いのだが、最後、網に入ったスクを舟に上げるのは一人では無理だ。と言う事から、二人で絞った網だったが、もう一方の海人はいち早く舟の上に上がり、網を上げるのを船上から手伝うという訳だ。

0147031307_0127-D.jpg
 いきなりクーラーボックスには入れずに、今回はパレット?に獲ってきたスクを入れて、余計なモノ(海藻や他の稚魚など)を荒選びしていた。

 そしてそれが終わると、水氷を張ったクーラーボックスにスクを入れる。次第に溜まっていくのを見ると、なんだかこちらまでチムドンドン(ワクワク)してくる。

0147031307_0135-D.jpgB4580_012-D.jpg
 獲ってきたスク。確かに色が綺麗だ。これは外洋からイノー(リーフ内)に入ってきて、まだ海藻(あるいは海草)などを食べていないからだという。そして、何日かそれらを食べてしまうと体色も変わり、生では食べられなくなり、商品価値をしては「普通のスク」になってしまい、かなり値段が安くなってしまう。

 右の写真は、イノーに入って何日かしたスクの群れだ。比べてみると、確かに違う事が良く分かる。ちなみに今回の体験から、「スクはイノーに入って3日目には、生では食べられなくなってしまう、ようだ」。

 厳しい〜!

 ちなみに来年の旧暦6月1日は、6月27日(金)のようです(ヤバイ、あのイベントと重なっちゃうかも)。ジャン、ジャン!

--------------------

★毎日新聞社のデジタル日刊紙【TAP-i(タップ・アイ)】。その毎土曜日に「海に生きる」という連載を担当させて頂きましたが、5月9日号をもって最終回となりました。ご声援をありがとうございました。
バックナンバーは下記アドレスでご覧ください!
http://www.gokurakucho.net/books/magazine/tap-i/back_no.html

※デジタルプリントの販売をしています。ホームページトップ「IMAGES」→「デジタルプリント」よりご覧下さい。
http://www.gokurakucho.net/
美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

七夕の日、ベタ凪ぎ&ドピーカン。そして4日後の今日は…。 [辺野古ノコノコ]

0147031307_0074-D.jpg
 七夕のその日、海はベタ凪ぎ、天気はピーカン。カヤックで「マナル」に行って来た。

 それは辺野古漁港からリーフの外に出るところにある岩礁。そこに立ち入るには凪である事はもちろん、干潮でないと「立つ」ことが出来ない。しかし干潮だと、船は間近まで行けない。そこで便利なのがカヤックなのである。

  そして近くまで行くと、「キッ、キッ」という鳴き声が…。

0147031307_0095-D.jpg
 そう、そこにはエリグロアジサシの群れが。彼らは日本では奄美大島から南西諸島まで、繁殖のために夏になると姿をみせる鳥なのである。

 旋回しては私の頭上を通過する行動を繰り返す。たぶん、彼らは私が繁殖の邪魔をしに来たと思ったんだろうね。

0147031307_0152-D.jpg
 で、この写真は4日後の今日、7月11日17:00の「マナル」の写真だ。お分かりのように台風7号の影響で海が荒れ狂っているが、ちょうど強風域に入った頃。

 暴風域ではこんなもんじゃないだろうけど、4日もあれば、海の状況は天と地ほどに変わっちゃうんだよねぇ〜。

--------------------

★毎日新聞社のデジタル日刊紙【TAP-i(タップ・アイ)】。その毎土曜日に「海に生きる」という連載を担当させて頂きましたが、5月9日号をもって最終回となりました。ご声援をありがとうございました。
バックナンバーは下記アドレスでご覧ください!
http://www.gokurakucho.net/books/magazine/tap-i/back_no.html

※デジタルプリントの販売をしています。ホームページトップ「IMAGES」→「デジタルプリント」よりご覧下さい。
http://www.gokurakucho.net/
美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旧暦6月1日、スク漁・その弐 [辺野古ノコノコ]

_MG_0303.jpg
 まずはスクがイノー(リーフ内)に入って来ているかを確認。

 実は、今回は旧暦6月1日の3日前からチャレンジしていたが、結果的には言い伝え通りか、その前日の出現だった。

 船に引っ張られながら観察するこの方法は「マンタ」と呼ばれるが、私も何度かやらせてもらった。スクが入って来ているかでも胸が高鳴るけど、地形や生物層の感じも分かってなかなか面白い。

B4676_013-D.jpg
 スクの群れを発見すると、アンカーを下ろして船を止め、コンプレッサーを回してフーカーの準備をする。タンクで潜るダイバーにとってはホースが凄く邪魔なように感じるけど、空気の残圧を気にしなくて良いので◯(でも、ホースやコンプレッサーの不調でエアーが来なくなることには要注意)。

 二人がスク網の端と端を持って、群れに近づき、少しずつ取り囲んで行く。

B4676_005-D.jpg
 魚だって、稚魚だって、馬鹿じゃないから常に沢山網に入る訳じゃない。ましてや命が掛かっているから、何か不穏な雰囲気は感じるのだろうなぁ。

少しでも多くの群れを取り囲もうと苦労するが、ある程度囲んでも気を抜くことが出来ない。網と地形に隙き間が出来ていて、一匹がその逃げ場所を見つけると、それに続いて一気に網から抜け出してしまうからだ。

 網を絞めていく瞬間。どれだけ追い込めたか、期待が高まる。

B4674_014-D.jpg
 この時はまずまず上手くいった。

 後ろから見ていると、網を絞めてまとめたスクの塊を持った姿は、ボールを受け取ったアメフトの選手が走って行くような感じだ。そう、もうお気づきかと思うが、彼らはフィンで泳ぐのではなく「白い雨靴で走る」のである。

 「フィンで泳ぐより安心」というから、物事全ては慣れなんだろうね〜。

--------------------

★毎日新聞社のデジタル日刊紙【TAP-i(タップ・アイ)】。その毎土曜日に「海に生きる」という連載を担当させて頂きましたが、5月9日号をもって最終回となりました。ご声援をありがとうございました。
バックナンバーは下記アドレスでご覧ください!
http://www.gokurakucho.net/books/magazine/tap-i/back_no.html

※デジタルプリントの販売をしています。ホームページトップ「IMAGES」→「デジタルプリント」よりご覧下さい。
http://www.gokurakucho.net/
美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

旧暦6月1日、スク漁・その壱 [辺野古ノコノコ]

B4674_066-D.jpg
 今日(日が明けているので正確には昨日)は旧暦6月1日。実はこの日は、昔から「スク(アイゴの子供)がイノー(リーフ内)に入ってくる日とされていて、海人は「夏のボーナス」として彼らが現れるのを心待ちにしている特別な日なのである。

 と言う訳で、若干フライング気味に4日前からその出現を張っていたが、やはりなのか、偶然なのか、今年の辺野古では言い伝え通りに、旧暦6月1日に彼らは出現してくれたのである。

B4675_003-D.jpg
 漁は時間との勝負。と言うのはスクを狙っているのは私が参加させて頂いた海人だけでなく、何組ものグループ(1グループは3名前後)がいたからだ。

 いずれにしても今日の成果はまずまず、らしい。この日獲ったスクは翌朝セリに出すが、明日(正確には今日)獲るスクは「浜売り(一般の方などに直接販売)」するという。

 なのでそのスクはご相伴にあずかる、だろう。

--------------------

★毎日新聞社のデジタル日刊紙【TAP-i(タップ・アイ)】。その毎土曜日に「海に生きる」という連載を担当させて頂きましたが、5月9日号をもって最終回となりました。ご声援をありがとうございました。
バックナンバーは下記アドレスでご覧ください!
http://www.gokurakucho.net/books/magazine/tap-i/back_no.html

※デジタルプリントの販売をしています。ホームページトップ「IMAGES」→「デジタルプリント」よりご覧下さい。
http://www.gokurakucho.net/
美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

楽園の平島、一番のお似合いはノンアルコール? [辺野古ノコノコ]

_MG_0248.jpg
 6月は悪天候に妨げられ散々な一月だったなぁ。台風3号、4号、そして台風並みの低気圧で3本も仕事が飛んじゃったよ〜。

 梅雨が明けた沖縄も6月中は風が強かったけど、7月に入ったらようやく落ち着いた感じ。同時に内地からゲスト Mさんが来たので、辺野古の目の前にある無人島「平島」にカヤックでご案内した。

_MG_7518.jpg
 結構風が強く別の場所にしようかとも思ったんだけど、やっぱり平島にして良かった。

 ピーカンの平島は楽園だし、今はノンアルコールビールっていう手があるからね〜(笑)。

 時間があまりなく、ゆっくりとハンモックで休んでもらう事が出来なかったのは残念だったけど、やっぱりここは辺野古で一押しの場所。

 皆様も辺野古へいらしたら、是非、一度は訪れてみて下さい。

--------------------

★毎日新聞社のデジタル日刊紙【TAP-i(タップ・アイ)】。その毎土曜日に「海に生きる」という連載を担当させて頂きましたが、5月9日号をもって最終回となりました。ご声援をありがとうございました。
バックナンバーは下記アドレスでご覧ください!
http://www.gokurakucho.net/books/magazine/tap-i/back_no.html

※デジタルプリントの販売をしています。ホームページトップ「IMAGES」→「デジタルプリント」よりご覧下さい。
http://www.gokurakucho.net/
美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

再びヤンバルの森、湧き水ポイント断念、そして清流発見!? [辺野古ノコノコ]

0147031305_0115-D.jpg
 前日に引き続き、早朝ヤンバルの森の撮影へ(あ、昨日の話しです)。

 求めていた絵はまずまず撮影でき、帰りに湧き水を汲みにそのポイントへ行くと、既に20ℓタンクを十数本広げていた老夫婦がいたので敢えなく断念(写真は同場所で、先日のロケハン時のモノ)。Uターン出来る場所へと向かった。

 すると、そこは簡単に沢に降りられるじゃないかぁ。

 車で横付けできる「有名湧き水ポイント」も良いけど、名水の原点は「清流の源流」でしょ!ついでに「おいしい水はいつ汲む…? 今でしょ!?」という事で、20ℓタンクと三脚とカメラを持ってこの場所へ。

 あ、でも、今日から梅雨入りしてしまったので、暫くはこんな綺麗な水じゃ無くなっちゃうだろうなぁ。と余計な事を考えながらまずは顔を洗い、水を汲み、写真撮影、そして動画撮影…。

 せめて、この美しい時を皆様へ!という事で、もしも癒しが欲しくなったら、このせせらぎの音をお役立てください。

--------------------

★毎日新聞社のデジタル日刊紙【TAP-i(タップ・アイ)】。その毎土曜日に「海に生きる」という連載を担当させて頂きましたが、5月9日号をもって最終回となりました。ご声援をありがとうございました。
バックナンバーは下記アドレスでご覧ください!
http://www.gokurakucho.net/books/magazine/tap-i/back_no.html

※デジタルプリントの販売をしています。ホームページトップ「IMAGES」→「デジタルプリント」よりご覧下さい。
http://www.gokurakucho.net/
美しい水中写真は「極楽鳥ホームページ」でご覧下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 辺野古ノコノコ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。